冷凍商品紹介
ブルーベリー

ブルーベリーの豆知識

ブルーベリーの基礎知識

きわめて単純に言えば、ブルーベリーとはエリケイシーと呼ばれる植物科の果実です。
これはツツジやシャクナゲといったロダデンドランに属します。ブルーベリーまたはバシニウムは数少ない北米自生の果物の一つで、トップに星型のがくを持つ、小さくて丸い果実です。

何十年も前、ブルーベリーの苗は北東アメリカの森林から集められ、食用農作物として収穫されました。
現在、ブルーベリーは全米の38州とカナダの特定地域で栽培されています。

栄養価

ブルーベリーの健康効果
ブルーベリーが非常に健康的で栄養価の高いものであるということは周知の事実ですが、日々科学の世界ではブルーベリーの真の健康効果と栄養面での利点が発表されています。

▼視力回復効果
ブルーベリーの色素には視力に良いとされているアントシニアンと呼ばれる物質が含まれています。

▼最も高い抗酸化機能
マサチューセッツ市ボストンのタフツ総合大学にあるUSDA(米国農務省)の研究所では、研究員が40種もの果物や野菜と比較して、ブルーベリーが抗酸化作用に関してナンバー1ランクであることを発見しました。抗酸化作用はフリーラジカル(遊離基)と呼ばれ、ガンや老化に伴う病気を引き起こすといわれる代謝物の毒性を中和する機能を助けます。

▼老化関連の病気
タフツ総合大学にあるもう一つのUSDA(米国農務省)研究所の栄養科学者たちは、研究用ラットの老化による精神能力低下が、ブルーベリーを与えることによって緩慢になるということを発見しました。この発見は人間に対しても大いに関わりがあります。ブルーベリーの高い抗酸化作用は人間に対しても大きな役割を果たしていることでしょう。

▼尿管感染症
ニュージャージーにあるルツガー総合大学の研究員たちはブルーベリーの複合物が尿管の健康を促進し、感染症のリスクを軽減する作用があることを特定しました。それは尿管の壁にそった細胞にバクテリアが固着するのを抑制する働きをもつことを示しています。

▼コレステロール
カリフォルニア大学デイビス校の科学者たちによると、ブルーベリーはいわゆる心臓の血脈の病気や動悸を引き起こす悪玉コレステロールの生成を軽減すると言われています。ブルーベリーの抗酸化機能が活発な構成要素であると考えられています。


ページTOP